気まぐれ腕時計館

腕時計好き歴28年で貯めてきた戯論を気ままに書きます。

スマートウォッチは人間の脅威になるか?

業界の王様ロレックスをも凌駕する勢いのアップルウォッチ(もう完全にアップルウォッチの話です)。

アプリを使えば無限大に腕の上で使用用途が広がります。日本国内ではまだ認められていませんが、心電図機能も加わり、この先は血糖値機能も加わるでしょう。身体の変化をいち早く察知し高齢化社会の様々な問題を減らす可能性を秘めています。今のところその精度(計時精度ではない)や信頼性において不確定なところがあるのでガジェットの域を超えていませんが、更に発展すれば素晴らしいモニターになる可能性があります。もはや手放せない、いや手放すと罰金を払わされる時代さえくるかもしれません。

未来社会は人間の数十倍、数百倍、数千倍も優れたAIに完全管理されたパーフェクトワールド。そんな社会の一員でありたければスマートウォッチは必携なのであります。

ターミネータースカイネットのように、

機械に支配される時代…やがて来る?

 

僕は機械は友であってほしいなぁ。