気まぐれ腕時計館

腕時計好き歴28年で貯めてきた戯論を気ままに書きます。

僕がスマートウォッチをあまり使わない理由

以上述べてきました通り、アップルウォッチは腕に乗せる道具として非常に優れた機能を持っている革新的デバイスだと思います。

「デバイス」コンピューターの機能を果たす道具。そうなんですよね、アップルウォッチは時計の機能も付いた腕の上のデバイスなんですよね。もう従来のアナログVSデジタルのような話ではなくて、腕時計VSデバイスの様相であります。デバイスを使うことがファッションとして成り立つかどうかは別として自己主張にはなると思います。

非常に便利な腕上のデバイス。ですが僕のアップルウォッチは2週間ほど毎日使った後は今に至るまで普段の生活に使うことがありません。たまにランニングの時に使ったりはしています。何故か?必要ないからです。アップルウォッチよりもiPhoneの方がはるかに便利ですし、iPhoneを持たない時がほとんどないので、両方使う意味がないのです。せめて常時時間表示してくれたら使いやすいですが、ほとんど真っ暗だし…「時間が一目ですぐにわかる」というのが腕時計の最大の長所であり、生まれた理由であります。腕上でいちいち操作が必要ならば、スマホを取り出す手間くらいは何てことはないし、取り出した後の操作感はアップルウォッチとiPhoneでは格段に差があります。操作ストレスを考えるとアップルウォッチは多機能を使おうとすると凄くストレスがかかります。特に老眼だと尚更。

ランニングの時は非常に便利です。

電話もできるし財布にもなるし、距離やペースも表示してくれるので、アップルウォッチだけ持ち出せばバッテリーがもつ範囲内で何処まででも走れます。これは本当に便利です。

 

これもすでに書いていますが、ランニングに限らず腕に直接つける利点を活かせる健康器具としてアップルウォッチは非常に優れたデバイスだと思います。しかし、健康管理は数字だけでは表せないところもあるので、あくまでも今は参照程度のデバイス。たまにとんでもないエラー表示もしますし…

僕はデバイスよりも従来の腕時計がやはりシンプルな機能ゆえに信頼できる相棒として使いやすいと思います。本当に疲れてる時は数値よりもストレスフリーな機能だけでいいかなと。数年での使い捨てを前提としたデバイスをこれから将来的に毎日使うのは、ちょっと抵抗もあります。そんなのはiPhoneだけでいいかなと。

 

でも、ミッキー表示は本当に素晴らしいと思います。時刻を知る必要がないのに未だについ喋らせてしまいます。f:id:echolo223:20190529212632j:image