気まぐれ腕時計館

腕時計好き歴28年で貯めてきた戯論を気ままに書きます。

フルメタル G-SHOCK AWM500

f:id:echolo223:20201129114325j:imagef:id:echolo223:20201123141423j:image

Gショックの黎明期、90年代の大ブームを経験した世代には、このデザインは一つのメルクマールであったという人もおられるでしょう。

 

フルメタルになって復刻した初代AW。

いい歳してGショックなんて…

という世代にも抵抗なく受け入れられるのではないかと思います。

フルメタル?

重くなるだけでGショックのスポーツ性能は失われるんじゃ?

というご意見は当然です。その通りです。

吊るしで175g。手首周り16.5cmの自分に合わせて駒外しても153g。決して軽くはないです。

しかし、これで長年Gショック愛好家を悩ませた?ウレタンの劣化から解放されると思うと、その重みも苦にはならない…と思うのは一人ではないと信じます。

f:id:echolo223:20201123142951j:image

ウレタンモデルに比べて93%小さく作られているそうです。

f:id:echolo223:20201123143621j:image

7%のサイズ違いですが、結構はっきりわかります。

腕につけるとしっくりきます。デザインの都合上ケース径は44mmほどですが、時計サイズを更に膨らませる突き出たラグもないですし、感覚的には38mmの時計をつけてるように思えます。

f:id:echolo223:20201123142857j:image