気まぐれ腕時計館

腕時計好き歴28年で貯めてきた戯論を気ままに書きます。

スーツにダイバーズはダメなの?

スーツにダイバーズというとジェームスボンドが思い浮かびます。物語の中で様々に活躍するダイバーズウォッチとどんなシチュエーションでもスーツ紳士なジェームスボンドは男の憧れのような存在でした。

f:id:echolo223:20190509164848j:image

ジェームスボンドの真似ではないですが、それならスーツにダイバーズウォッチはアリなの?

答えは「どちらでもない」。

 

ウィキによると、そもそも…

 

19世紀中頃に当時の日常着であったフロックコートを改良したものとされる。膝丈のフロックコートを短く腰丈にしくつろげるようにゆったりとした作りの、ラウンジジャケットやサックコートと呼ばれる上着である。これは自宅の広間などだけでなく、スポーツなどレジャーにも用いられた。

 

…とある。

だとすれば、ドレスウォッチよりもむしろダイバーズウォッチの方が合ってるとも言えます。

 

つまり、

スーツを着るシチュエーションの方が大事。

スーツというよりは仕事中なのか?あるいは冠婚葬祭なのか?あるいは三浦知良さんのように普段着なのか?

そもそも、ダイバーズウオッチを見て、「あ、ダイバーズウォッチなんかつけてる!」なんて思う人が何人いるのか?一部の人じゃないでしょうか?

多分、1番は大きさの問題ではないか?と思います。

シャツの袖に収まらないサイズではいくらなんでもスマートではないだろうと、僕は思います。

腕時計はシャツの袖にチラッと隠れているくらいがダンディかと。