気まぐれ腕時計館

腕時計好き歴26年で貯めてきた戯論を気ままに書きます。

最高の時計とは何か?

ロレックスは最高の時計か?

という疑問を投げかけたが、実は答えは用意していない。

結論を言ってしまえば、ロレックスが最高かどうかは人の考え方による。

当たり前だけれど、価値観は人それぞれなので、こうだから最高というのはない。

逆に言うと自分が最高と思えば最高でいい。

 

所詮、腕時計と言うのは基本的に時分秒の3つを示すだけの道具でそこを満たしていれば必要十分。あとは付加価値の問題だろうか。

防水性を求めたり、クロノグラフを求めたり、アラームを求めたり、あるいはもっと複雑な機構もメーカーは工夫を凝らして用意してくれている。

また時計を財産とみなすのであれば、希少価値があったり、高価であったり、特殊な材料が使われてたり、あるいはロレックスのように知名度が高くリセールに有利だったり。

 

要素をあげればキリがない。

最高の時計とは何か?

それを考えること自体が非常に無意味であるかも。

しかし、その時々の自分の感性が何を求めるかを自問自答するのは無意味ではない。

何が最高の腕時計かを考えることは自分探しにつながる。そしてそれはもちろん答えのない無駄な時間であり、それでいて非常に贅沢な時間と言える。無駄なことは、いや無駄と思えることは実は至高の時間であり、そこから選ばれる時計はその時点の自分にとって常に最高な時計だろうと思う。

 

そう言う意味において、チプカシとロレックスは同列に並びうる。